« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

10月例会について

10月例会について告知します。

日時 10月12日(日) 11:00から
場所 厚別区民センター 会議室B
GM 黄鳳蝶氏、他1名
システム ハンター ザ:レコニング 他1卓

備考と特例事項
・会場は広めの椅子の部屋です。
・部屋代の関係から今回はあらかじめ2卓用意します。
・GM1名募集中です。
・部屋代の関係から今回の会場費上限は600円とします。11人で500円となります。

予約はメールかこの記事にコメントをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRPG-EXPO

9月14日に開催されたTRPG-EXPOにて代表が深淵第2版を立てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月例会の追加卓

現時点でのプレイヤー予約が5名とワーウルフ:ジ アポカリプスの上限人数を超えたので追加卓が立ちます。
追加卓のGMは代表で、システムはサタスペREmix+の予定です。

あと4名の余裕がありますので引き続き予約承ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

例会についてのルールについて

この記事の前の記事で例会の基本的なルールを投稿しました。
基本的には現行のルールの明文化しただけですが、

追加卓は10日前の予約状況で決定することにしました。

現行の方法だと当日までわからないためGMの確保が著しく難しいためです。

月例会よりこのルールで運営しますので、9月13日に追加卓について
決定いたします。

なお、「例会についてのルール」の記事は例外的にコメント不可にしてありますのでご意見、ご要望、質問などはこちらの記事にてコメント願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

例会についてのルール

1 基本的なルール 
 ・例会は月1回行います。
 ・例会は11:00開始とし、終了はセッション終了とします。
  ただし、部屋の関係上21:00以降になることはありません。
 ・例会の開催場所は札幌市内各区民センターを基本とします。
  具体的な場所は例会の告知にて発表します。
 ・参加費は部屋の代金を当日参加者で頭割をし、100円単位で
  調整したものとします。

2 プレイヤー参加方法について
 ・基本的にプレイヤー参加は例会の10日前を期日とする予約制とします。
 ・予約方法は募集の記事にて方法を明記します。
 ・飛び入り参加でプレイヤーをすることは可能です。
  ただし、参加許容人数をオーバーした場合は予約者優先とします。
 ・例会10日前に現在の予約状況を発表します。
 ・予約のキャンセルは当日でも構いませんので代表までご一報願います。
  なお、予約のキャンセルによるペナルティーはありません。

3 GM参加方法について
 ・GM参加は事前に予約し、システムを申告してください。
 ・GMはそのシステムを初めて遊ぶ人でも楽しめるシナリオにしてください。
 ・11:00~21:00までで終わらないシナリオは禁止です。
 ・キャンペーンゲームを行う場合は予約時に代表の許可を得て下さい。

4 セッションについて
 ・基本的に1卓とします。
 ・立卓を希望するGMが2人以上いる場合はその卓数分となります。
  ただし、全ての卓が立卓するとは限りません。
 ・プレイヤー参加の予約が予定されている最大人数を超えた場合は
  追加の卓が立ちます。

5 例外と変更
 ・これまでのルールに反する例会を行う場合は、募集記事にその旨を
  書いて募集します。
 ・このルールを恒久的に変更する場合はその旨を記事として投稿した後、
  この記事を変更します。

|

ワーウルフ・ジ:アポカリプスについて

9月例会のシステム「ワーウルフ・ジ:アポカリプス」についてのシステム説明をします。

このシステムの舞台はワールド・オブ・ダークネスという現実よりももう少し不和と陰謀に溢れた世界です。
プレイヤーキャラクターはガルゥと言われる人狼となり、大自然を守るため戦います。

キャラクターが人狼だけということで、キャラバリエーションに物足りなさがあるのではというのは大誤解です。
確かにキャラクターは皆、狼に変身できる狼人間ですが、そんじょそこらのクラス制のクラスを遙かに凌駕する種類の部族、いかにして生まれてきたかを現す血統、そして大まかな方向性を現す生まれ月の組み合わせによるバリエーションは到底全種類制覇できるようなものではありません。

システムは複雑な部類に入りますが、システムを理解し小賢しい戦術を立てるより、自らのキャラクターの部族などの設定を理解し、何を誇りとし、何に怒りを覚えるかを考える方がワーウルフらしい遊び方でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »